ブログ

座りながらの作業の人注意です。

 

 

今週に入りより一層冷え込んできましたね。

今日は仙腸関節についてお話します。

仙腸関節と聞いてすぐわかる人は少ないと思いますが

座った時に体重がかかる部分がその関節だと思ってください。

 

長時間座って作業をする人や

寒くてこたつに座ったりしている人は

仙腸関節に負担がかかり

お尻の筋肉や、腰の筋肉に負担が

掛かってきます。

あまり動いていないと腰、お尻に負担が

掛かるだけではなく、脚の方にも症状が

出てくる可能性も出てきます。

寒くなってくると筋肉が硬くなりやすくなるので

目安としては30分に一回は何かしらの動作をして

ギックリ腰にならないように注意しましょう!


手の冷え

皆さんこんにちは、

泉ヶ丘駅直結・背骨・骨盤矯正が得意な堺市の「ほのか整骨院」です。

 

デスクワークで同じ姿勢をしていると

指先の血流が悪くなり手が冷えて困ったりしてませんか?

 

たまには立ち上がってストレッチしたり

肩を回すなどをした方がいいのですが。

 

仕事中に出来ない!

 

という方は、せめて「手のツボ押し」で血流促進を。

グリグリと3分ほど押すマッサージをする事で

手先から温まってくる感覚がありますよ。

 

デスクから動かずに簡単に押せる手のツボをお教えします。

 

手の冷え性にオススメのツボ!
「指間穴」「虎口」2つのツボを刺激することで、

血行が良くなります。血行が良くなると冷え性改善や、

自律神経を整えてくれたり、脳や内蔵の疲れを取り除く効果があります。

「虎口」
反対の手の親指と人差し指で挟み込み、

グリグリと軽く力を入れながら指先の方に引っ張りましょう。

10回程度。自律神経を整えて血流促進、手足を温めます。

不眠にも効果が。

 

「指間穴」
ここも虎口と同様に刺激を入れましょう。

10回程度。自律神経を整えリラックスできる効果も。

 

手足の冷えでお困りの方は、
鍼灸治療がオススメです!
一度、ほのか整骨院までご相談下さい。


マッサージを受けても肩こりがある人

 

マッサージを受けたのにもかかわらず

また、肩こりが起こる原因として大きく分けて3つあります。

筋力不足、低下・血行不良・ストレスと言われています。

 

筋力が低下するとなぜ起こるか、、、

人の腕は2~3㎏、頭は5~6㎏あるものを

支えているために首から肩に掛けて筋肉が負担を抱えています。

その為、筋力が低下すると支えるのに疲れてしまい

筋肉が凝ってしまうようになります。

 

血行不良によっても肩こりは出てきます。

肩の関節は人間の中で最も多くの方向に動くと言われます。

様々な方向に動く関節という事は

沢山の筋肉の動く元にもなってくるので

動かさないでいると沢山の筋肉が動かない事になり

血行不良をおこしやすいとも言われています。

 

ストレスによるものは

背中辺りの左側に凝り感がでてくるとも言われています。

仕事環境が、最近ではコロナの影響によって

ストレスを抱える人が増えてきているとも

言われていますので、最近イライラしやすい

頭に血が上る、火照るといった症状がある人も注意が必要です。

 

これ以外にも原因は色々とありますが

肩こりは万病のもとともいわれるほど

軽視してはいけない部分になってきますので

たかが肩こりとは思わず、身体に負担を感じた人は

早めの治療をおすすめします。


今年もあと1ヶ月

皆さんこんにちは、

泉ヶ丘駅直結・背骨・骨盤矯正が得意な堺市の「ほのか整骨院」です。

 

12月入り院内を少しクリスマス装飾しました。サンタさんも覗いてます。

患者さんには好評で喜んでいただけています。

最近、コロナがまた増えてきています。

手洗い、うがい、マスクをして感染予防対策を共に頑張りましょう!

 


巻き肩

皆さんこんにちは、

泉ヶ丘駅直結・背骨・骨盤矯正が得意な堺市の「ほのか整骨院」です。

 

スマホをやパソコンなどのぞき込む姿勢が長時間続くと、

背中側の筋肉がこり固まり巻き肩の状態が続くと肩こりや首こり、

最悪の場合は腕にしびれが出ることがあります。

 

その姿勢とは、「巻き肩」です。

巻き肩とは?
巻き肩とは肩から胸の筋肉がギュッと縮んだ状態で、

肩甲骨ごと肩が前に出ている姿勢のこと。

 

横から見た時に、耳より肩が前に出ていたら巻き肩の可能性あります。

 

巻き肩を改善するストレッチの紹介

肩甲骨を引き寄せる!

このストレッチは、胸を開くことで、呼吸がしやすくなります。

両側の肩甲骨を背中の中心に引き寄せます。いけるとこまで引き寄せて下さい。
限界まで引き寄せて10秒間キープします。
ゆっくり力を抜きます。これを3、4回繰り返して下さい。

 

このストレッチは、いつでも出来ますのでしっかり動かしましょう!

 

背・巻き肩でお悩みの方は、ほのか整骨院までご相談下さい。


1時間に一回は体を動かしましょう。

 

今週からまた、寒さがきつく

感じる気候になりましたが

皆さん体を動かしたりしてますか?

寒くなってくると、あまり動かなくなって

こたつや、暖かい環境でじっと休んでる事が

多くなると思いますが

そのずっと休んでいる、動かないでいる

その習慣、注意してください。

じっとしているなら大丈夫なんじゃ?

と思われる方がいると思いますが

皆さん経験した事ありませんか?

じっと座ったりして

立ち上がるとき、痛みが無くても

身体を伸ばしたくなる感じ。

あれは、筋肉をずっと使っている状態で

筋肉が硬くなってきている症状なのです。

そんな時に、急に動かしたりすると

身体を痛めてしまう確率が

あがってしまいます!

なので、どんなに寒くても、何も用事がなくても

1時間に一回は必ず体を動かすようにしましょう!

欲を言えば30分に一回は何かしらの動作がある方が

身体にとってはすごく大事です!

 

身体に異変や違和感が残っていて

なかなか取れないとお悩みの方は是非

一度来院されてみてはいかがでしょうか?

 


寒暖差にご注意を!

皆さんこんにちは、

泉ヶ丘駅直結・背骨・骨盤矯正が得意な堺市の「ほのか整骨院」です。

 

11月下旬になり、いよいよ冬らしい気候になってきました。

 

体調を崩されたりしていませんか?

 

冬になると、「体がだるい」「疲れが溜まる」など

といった体調不良で悩まれる方が多くなります。

これは、寒暖差が大きく関係しています。

日中と朝晩では10度近くの気温差がありますし、

暖房機器を使うと外との気温差がさらに大きくなります。

この気温の急な変化によって体はついてこれず

体調を崩したり自律神経も乱れたりします。

「体のだるさ」「疲労感」「首や肩の筋肉の緊張」「冷え」など

といった症状を起こします。

 

体を温めるには鍼灸治療がオススメです。

鍼灸は自律神経のバランスを整え、

全身の血流を改善させ低下している内臓機能を高めることが出来ます。

一度、ほのか整骨院で鍼灸治療を受けてみませんか?


容姿の確認のついでに!

 

毎日自分の姿を鏡で見る人は

殆どの方が見られると思いますが

ついでに自分の姿勢を気にする人は

いらっしゃいますか?

 

普段何気なく鏡をみると思います。

洗面台にはほとんど鏡があると思いますし

服のコーディネートを考えるとき

自分の姿を見ていると思います。

その時姿勢を気にしてみてください。

元々の正しい姿勢が分かりにくい場合でも

例えば胸を張っているなとか、腰をそっているなとか

前傾姿勢になっているかなと

気になる部分が出てくると思います。

その時にどこかしらしんどいなと

感じたりする人がいる場合

その姿勢が痛みや違和感など

症状として体に何かしらの信号が出ていると思います。

その信号は体からの救難信号と思ってあげて下さい。

その信号を無視し症状が悪化すると

痛みの程度や、回復するためにかかる期間も

おのずと伸びる事が殆どです!

冷えてくるこの時期には特に注意が必要です。

 

身体の事で気になることがある人は是非!

 


関元「かんげん」

皆さんこんにちは、

泉ヶ丘駅直結・背骨・骨盤矯正が得意な堺市の「ほのか整骨院」です。

 

季節の変わり目で身体がだるい、寝ても疲れがとれない。

そんな全身の不調にはお腹を温めるのがいいですよ。

身体の中心であるお腹かは、冷えで不調が出やすい場所で、

疲れているときにお腹を触ってみると冷たくなります

 

効果的なのが「関元(かんげん)」です。

おへそからまっすぐ指4本分下にあります。

普段あまり力が入りなくく、このツボは元気の玄関とも言われ、

気の集まるところなので、体力だけでなく、疲労回復に関係します。

秋や冬場は腹巻などをして、日頃から温める事をオススメします。

 

マッサージやカイロで温めるのもオススメです。

 

両手を重ねて、優しくつぼを”押して離す”を繰り返してください。

お腹周りはデリケートなのでやさしく押すのがポイントです。
仰向けに寝て1〜2分程度、繰り返してください。

 

カイロはお腹に貼ってください。

ただし、温めると気分が悪くなる場合はすぐに外して下さい。


...34567...1020...