ほのかブログ

季節の変わり目にはご注意を!!

皆さんこんにちは、

泉ヶ丘駅直結・背骨・骨盤矯正が得意な堺市の「ほのか整骨院」です。

 

夏も終わり少し冷えてきた時に、

最近、、、腰に痛みや違和感を感じている方!要注意です!!

 

実は毎年、この時期の季節の変わり目は

ぎっくり腰の症状でご来院される方が増えるんです!

特に年の後半(夏秋と秋冬)は

気温が下がるため体が冷えやすく

筋肉が硬くなりやすい時期です。

 

硬くなった筋肉は急な動きや激しい運動に

耐えられなくなるため、痛めてしまうリスクが

上がってしまいます。

 

腰の痛みや違和感は筋肉が

硬くなっているサインです!!

 

症状が悪化する前にぜひほのか整骨院までご相談ください。

一緒にケガの予防をしていきましょう!!

 

お知らせ

来週の921日、22日の祝日通常診療します。

日頃平日が来院できない患者様は、ご来院お待ちしております。


ドローインのやり方

皆さんこんにちは、

泉ヶ丘駅直結・背骨・骨盤矯正が得意な堺市の「ほのか整骨院」です。

 

最近、、、

ぽっこりお腹が気になる

良い姿勢をキープ出来ない

背中が伸ばせない、伸びない

でお悩みの方はいませんか?

これらの原因は

体幹のインナーマッスルが使えていない状態です。

 

今日は、いつでも出来る。「お腹をへこませたまま呼吸をする」事で

体幹トレーニングのエクササイズを紹介をします。

 

ドローインはお腹を引っ込めたまま呼吸をすることによって、

腸腰筋腹横筋を収縮させることが出来ます。

ぽっこりお腹もスッキリし、お腹全体的に引き締まった、

綺麗な姿勢を作ることが出来ます。運動が苦手な人でも手軽にできます。

腸腰筋、腹横筋などのお腹周りの筋肉を効率的に鍛え、

ぽっこりお腹も解消していきます。

 

姿勢を意識したドローインのやり方

背筋を伸ばして立ちます。

 手を後ろに回して腕を組みます。

手を組んだまま息をゆっくり吐きながらお腹を引っ込めていきます。

30秒キープしたら元に戻します。

これを34回繰り返して下さい。

9月末まで寝ながら筋トレが出来る。

体幹トレーニングが出来るキャンペーンを実施中です。

ぽっこりお腹が気になる方はこの機会にご相談下さい。


めまいに効くツボ

皆さんこんにちは、

泉ヶ丘駅直結・背骨・骨盤矯正が得意な堺市の「ほのか整骨院」です。

 

今日はめまいのツボを紹介します。

 

眩暈(めまい)とは、空間における身体位置感覚に

不調を感じる異常な感覚のことであり、

そのため身体のバランスをとる事が困難になる状態を言います。

具体的には、
自分自身や周囲がグルグル回転している感じを

回転性めまい』と言います。

身体がグラグラ・ふらふらするような感じを

浮動性めまい』と言います。

急に立ち上がるなどをした時に、クラっとする

立ちくらみ』があります。
 
めまいオススメのツボ

 

中渚(ちゅうしょ)です!

中渚の症状・効果
加齢とともにさまざまな調節機能が低下します。

呼吸、血液循環、消化吸収など、カラダ全体の調節機能をととのえ、

めまい、耳なり、立ちくらみなどの改善におすすめです。

指圧でやや強めで押したほうが効果があります。お灸もオススメです。

 

中渚のツボのとり方
手をにぎった時、小指と薬指の関節にできるくぼみが中渚です。

 

めまいでお悩みの方は、当院の鍼灸治療が効果的です。

ご来院お待ちしております。


熱中症対策に水分補給しっかりと

皆さんこんにちは、

泉ヶ丘駅直結・背骨・骨盤矯正が得意な堺市の「ほのか整骨院」です。

 

今年は猛暑日が続いてますが、皆さんいかがお過ごしですか?

81016日の1週間に全国で熱中症で救急搬送された人は、

12804だったみたいです。まだまだ暑いので気が抜けられません 🙁 

今回はいかに熱中症にならないように

水分補給をすれば良いのかをお伝えしたいと思います。

人間の体は約60%が水分で、出来ています。

体の半分以上が水分で成り立っているので水分補給がとても重要で、

 

この水分が5%減るだけで頭痛や食欲が無くなり

 

8~10%減ると身体動揺、けいれんを起こし

 

20%以上減ってしまうと尿を排泄することができなくなり

 

最悪の場合死に至る事もあります。

 

どうすれば熱中症を防げるのかというと、

+ミネラル+糖分(※ナトリウムと糖分を含んだ水分補給で吸収率が上がります)

が入っている物を補給して下さい。

 

身近でどの飲み物が一番良いかというと、

経口補水液、ポカリスエットなどのスポーツ飲料です。

これらの飲み物は、人間の体液に近い状態のもの言われています。

水しか飲めない方は、塩飴を舐めるのも良いかもしれません。

 

どのタイミングでどのくらいの量を飲むのが一番理想的かと言いますと、

 

起床時、朝食、10時、昼食、15時、入浴前後、夕食、就寝時が

理想的なタイミングで、一日1.5ℓ~2ℓが理想的と言われています。

こまめに摂取した方が、体がしっかり吸収してくれます。

 

水分を摂取すると一回当たりコップ一杯が200mlなので、

200ml×9回=1.8ℓの水分を摂取することができ、

上記のタイミングで9回に分けて飲むとお腹に負担なく

水分でいっぱいにはなりにくいので、とてもオススメです。

 

これの水分補給を知っているか知らないか、

実践するか実践しないかで大きく変わってきます。

 

患者さんでも水分が充分に取られている方は少ないです。

めまいや頭痛、足のこむら返りなどは熱中症の手前の症状という事

もあるので十分に気を付けてください。


8月、9月のお得なキャンペーン

皆さんこんにちは、

泉ヶ丘駅直結・背骨・骨盤矯正が得意な堺市の「ほのか整骨院」です。

 

ただ今、8、9月限定お得なキャンペーンを実施中です!!!

寝ているだけで体幹のインナーマッスルが鍛えることができます。

 

1.ぽっこりお腹•反り腰
2.電車内でよろけてしまう
3.姿勢がまっすぐにならない
4.コロナ自粛による運動不足
5.肩の痛みや腰の痛みが繰り返し起こる方

 

これらすべてインナーマッスルの筋肉が使えていないので原因です。

体幹を鍛えることで肩こり・腰痛は改善していきます。

このキャンペーンに良い姿勢を取り戻しませんか?


夏バテ対策

皆さんこんにちは、

泉ヶ丘駅直結・背骨・骨盤矯正が得意な堺市の「ほのか整骨院」です。

梅雨も明け、今年も厳しく長い夏となりそうですね

  
当院の患者さんにはもう食欲不振、睡眠不足、体がだるい・・・

といった「夏バテ」の兆候ちらほら出てきています。

夏バテにも2つの原因があります。

猛暑による「暑さ負け」による体力低下や食欲不振

エアコンによる体の冷えにより自律神経の乱れがあります。

クーラーの効いた部屋の中と室外との温度や湿度の

激しい差が自律神経のバランスを狂わせています。

自律神経とは、体の代謝や呼吸、循環などの基本的な働きを

コントロールして一定の状態に保つように調節をしてくれる神経のことです。

高い温度のなかでは、汗をかくことで一定の体温に保とうとします。

この負担が大きかったり、長引いたりすると、体の中の熱を外に出せなくなり、

自律神経のバランスが崩れてやすくなります。

夏バテ対策として、自律神経のバランスを保つことがとても大切になります。

 

マッサージやお灸で

自律神経の働きを助けてあげましょう‼︎

エアコン冷えに「三陰交」

足の内くるぶしから(指4本分)上の骨際

 

食欲不振に「足三里」

膝のお皿の下、内外に2つのくぼみがあります。外側のくぼみから(指4本分)

毎日続けることが大切です。

食欲不振、睡眠不足、体がだるいなど自律神経症状には、.

鍼灸治療がオススメです。全身の血流を改善し自律神経のバランスを整える

効果があります。お悩みの方は、ほのか整骨院でまでご相談下さい。


夏バテしてませんか?

皆さんこんにちは、

泉ヶ丘駅直結・背骨・骨盤矯正が得意な堺市の「ほのか整骨院」です。

 

暑い日が多くなってきました。
暑い日が続くと、食欲がなくなったり、体がだるくなったり、

なかなか疲れがとれないなど、体調を崩しやすくなります。
夏バテを予防して、快適にすごしませんか?

夏バテの原因

(1)体内の水分とミネラルが不足し脱水症状を起こしやすくなる。
(2)食欲がなくなって栄養不足により胃腸が冷えて胃の働きが低下します。
(3)屋内と屋外の温度差により体温を調節する自律神経が対応できずに乱れてしまい、

    屋内と屋外の温度差は、5℃以内が望ましいと言われています。

夏バテ対策
睡眠時間を確保し、疲労回復しましょう!
38~40度のお湯にゆっくり浸かってリラックス。お風呂は自律神経を整える効果があります!
冷房の室温が27~28度となるように設定し、冷やし過ぎに注意!
運動し汗をかいたらスポーツドリンクなどでこまめな水分とミネラルの補給をしましょう!

夏野菜を十分に摂って、ミネラルおよびビタミンを補給しましょう!
1日三食、できるだけ決まった時間に食事を摂り、またよく噛んで消化を促進させましょう!!

夏バテには普段何気なく行っている食事、睡眠、入浴、運動の習慣を見直して、

規則正しい生活を送ることが大切です。そのうえで快適に睡眠が取れる環境をつくりましょう。

自分のペースに合わせた無理のない運動を行って、夏バテを予防・解消しましょう!!

 

当院は、姿勢矯正に特化した治療をしています。
肩の痛み、腰の痛みにお困りの方は、
ほのか整骨院にご相談下さい。


ジメジメした梅雨の時期

皆さんこんにちは、

泉ヶ丘駅直結・背骨・骨盤矯正が得意な堺市の「ほのか整骨院」です。

 

まだまだジメッとした梅雨の季節が続いてます。

この様な天気は体が悪くなる事があります。

こんな症状を感じる人はいませんか?

・頭痛、目の奥が痛い

・めまいやふらつき

・眠くて生あくびが止まらない

頭痛やめまい、倦怠感は気象が原因となっていることもあり、

気象病」とも呼ばれます。

気象病の主な原因は、気圧の変化。

変化は急なほど症状が強くなります。

気圧が変化すると、人間の体はストレスを感じるため、

それに抵抗しようとして自律神経が活性化されます。

自律神経には交感神経と副交感神経があり、交感神経は血管を収縮させ、

心拍数を上げて体を興奮させる働きがあります。

一方、副交感神経は血管を広げて体をリラックスさせる働きがあります。

この交感神経と副交感神経の調整がうまくいかない

自立神経が乱れた状態となり頭痛、めまいなど体調不良の原因となってしまうのです。

 

今回は梅雨のツボを二つ紹介します。

 

内関

手首の内側で横じわの中央あたりから、指3本分下がったところ。左右にあります。

東洋医学では自律神経の安定に働くツボと言われています。


完骨

耳の後ろにある出っぱった骨の下のくぼみ。左右にあります。

めまい、頭痛の緩和に作用します。


気持ちのいいぐらいにの圧の強さで5秒〜10秒を

3、4回指の平で回す様にマッサージをして下さい。

 

頭痛やめまい、体のだるさでお困りの方は、

一度ほのか整骨院までご相談下さい。


冷房病

皆さんこんにちは、

泉ヶ丘駅直結・背骨・骨盤矯正が得意な堺市の「ほのか整骨院」です。

 

冷房の効いた部屋にいると肩や腰のだるいがしたりすることないでしょうか?

 とくに、オフィスやお店など冷房の環境に長くいると、

症状がひどくなりやすいです。「冷房病」と呼ばれています。

 

当院の患者さまのも、何人かぎっくり腰を起こしている方がいます…

冷房で体が冷えると血行が悪くなり肩の痛みや腰痛を引き起こす原因となります。

もともと、肩の痛みや腰痛持ちの方は症状が悪化しやすいので、

最近、ひどくなってきたと感じている方は冷房が原因かもしれません。

 

なぜ冷房の冷たい風を受けることで腰痛になってしまうのでしょうか。

原因は大きく分けて二つあると考えられております。

 

一つ目は、血行の悪化です。人は体が冷えてしまうと、

血管が収縮して、体内の血液の流れが悪くなってしまいます。

 

二つ目の原因が、冷房下で体を動かさなくなってしまうことです。

体は汗をかいくことで体温調節をしています。

汗をかかなくなると全身の血流が悪くなります。

 

姿勢骨格矯正や鍼灸治療は血液循環不良・腰痛・疲労蓄積で

体調不良を感じている方には特におすすめです。

是非一度体験してみてはいかがでしょうか?


歯ぎしり・食いしばり

皆さんこんにちは、

泉ヶ丘駅直結・背骨・骨盤矯正が得意な堺市の「ほのか整骨院」です。

 

寝ている時に、

食いしばる

歯がボロボロになる

肩が張って頭痛がする

寝ても疲れが取れないなど

 

当てはまるものはありましたか?

 

噛み締めや食いしばりは、

現代人の89がしていると言われています。

 

何か物事に集中していると、

ほとんどの人が無意識に歯を食いしばっているみたいです。

 

食いしばりは日常生活で抱え込んで

しまうストレスを発散するために、

歯ぎしりや食いしばりという行動をとってしまいます。

ストレス発散の大きな特徴で

あるはずなのに自覚していない人が多いようです。

 

この無意識にやっていることが、

頭痛や肩こりの原因になっています。

食いしばると顎の筋肉に負担がかかり、

頭痛や肩こり、首の張りにもつながります。

 

口を閉じていても上下の歯には少しすき間があります。

なので、意識して上下の歯を接触させないように

1日に何度も確認しましょう。

 

顎関節・歯ぎしり・食いしばり・頭痛

お悩みでしたら是非一度、身体の歪みを改善してみませんか?


12345...10...